チョイスコマンド

choice[項目1,項目2,...,項目n]
choice(項目1,項目2,...,項目n)
choice˽項目1˽項目2˽...˽項目n

˽は半角スペースの代わりに表記しています

項目1から項目nの中からランダムに1つを選び、表示します。項目がn個のとき、1Dnをダイスロールして選ぶ対象を決めます。

実行例

敵A,Bと味方A,C,Dの5つから対象をランダムに1つ決定する場合、choice[敵A, 敵B, 味方A, 味方C, 味方D]と入力します。

[DiceBot]> choice[敵A, 敵B, 味方A, 味方C, 味方D]
(choice[敵A,敵B,味方A,味方C,味方D]) > 味方D

各形式の違い

3つの形式は、区切り文字や項目に含めることができる文字の仕様が異なります。

形式 区切り文字 項目に利用可能 項目に利用不可
choice[項目1,...,項目n] , (), 半角スペース [], ,
choice(項目1,...,項目n) , [], 半角スペース (), ,
choice 項目1 ... 項目n 半角スペース [], (), , 半角スペース

OK

choice[(A  ), B]
choice(I,[  J])
choice (X) [Y] Z,A

NG

choice[[A],B]
choice(I,(J))

備考

  • 各項目の先頭および末尾の半角スペースは無視されます
  • 全く同じテキストの項目が複数あっても、それぞれ別の項目として扱われます
  • 半角スペースを扱うことができる数少ない例外です

results matching ""

    No results matching ""